駒沢給水塔について

保存会(コマQ)

その他


トップ  >  主な活動
駒沢給水塔風景資産保存会は、2002年設立の風景づくり活動を行う地域のまちづくりボランティア団体です。

会員

会員数約400名(2017年3月現在)。会員募集は、クチこみによるPRなどで、自由申し込み制としています。コマQホームページからも「入会申込み」ができます。

会費

会費制となっています。
入会金800円、年会費1,200円

総会

年に1回、5月に定期総会を開きます。
開催案内は会報で行い、議決は出席者の過半数の同意によります。

幹事会

会の運営は幹事会で行っています。現在、代表と幹事11名の計12名で構成し、原則として毎月1回開いています。

会報

「双塔」(B4版一面刷り)を年4回発行しています。
そのほか年に1回、魅力あるカラー刷りの会誌「そうとう」(冊子)を発行し、いずれも全会員宅にお届けしています。

活動内容

主に下に掲げた活動に取り組んでいます。
○近代建築遺産、産業遺産としての調査研究
○駒沢給水所を主に、各種見学会の実施
○講演会やセミナーの開催
○地元を中心とした様々なイベントへの参加
○駒沢給水所や給水塔の存在を知ってもらうためのPR