駒沢給水塔について

保存会(コマQ)

その他


TOP : 「第4回登録文化財連続セミナー」(4/14)のご案内
投稿者 : koma-q 投稿日時: 2019-03-05 16:15:22 (4048 ヒット)

第4回登録文化財連続セミナー◎コマQ主催「第4回登録文化財連続セミナー」のご案内( 要・事前申し込み制・先着順)

第4回 有形登録文化財連続セミナー
「登録文化財の発足から現在の状況~駒沢給水塔の将来を考える」

昨年度の「第3回登録文化財連続セミナー」に続き、第4回目となります。
この回は後藤治先生を講師にお迎えします。皆さんと駒沢給水塔の将来を考えましょう。

現在、参加者を募集しています(事前申し込み制・先着順です)。
お申し込みのうえ、ご参加ください。

主催:駒沢給水塔風景資産保存会/後援:世田谷区


◾とき:
2019年4月14日(日)14: 00 〜 16: 00 (受付開始13: 30)

◾ところ:
弦巻区民センター 第3・4会議室(世田谷区弦巻1-26-11)
<アクセス>
世田谷線「世田谷駅」徒歩12分
田園都市線「駒沢大学駅」または「桜新町駅」各徒歩14分
バス「向天神橋」徒歩3分(渋谷駅〜弦巻営業所、等々力操車所〜祖師ヶ谷大蔵駅)

◾定員:
先着40名 (定員になり次第、参加者募集を終了します) 

◾参加費:
無料

◾お申し込み:
ご参加には事前申し込みが必要です。
以下のフォームもしくは、電話またはFAXにてお申し込みください。
<フォーム>
http://setagaya.kir.jp/koma-q/modules/eguide/event.php?eid=29
<電話・FAX>
電話090-5810-5669 または FAX 03-3426-7962 担当:新庄

◾プログラム:
講演:後藤 治「登録文化財の発足から現在の状況」
ディスカッション「駒沢給水塔の将来を考える」(司会:小野吉彦)

講師プロフイール:後藤治
1960年東京都生まれ。工学院大学総合研究所教授、理事長。文化庁文化財保護部建造物課文化財調査官であった経験から歴史的な建築物や町並みの保存・活用に力を注ぐ。単著『建築学の基礎6日本建築史』(共立出版)、 『四国の住まい』(LIXIL出版)、共著『それでも、「木密」に住み続けたい!』『水と生きる建築土木遺産』(彰国社)、『都市の記憶を失う前に』(白揚社)『図説 日本の近代化遺産』(河出書房新社)など。